一般社団法人日本機械土工協会

 
ホーム  > 協会概要 > 海外建設研修生の受入・研修
 
 

海外建設技能実習生、建設就労者の受入・研修について

 

 

 

  開発途上国等の経済発展を担う人材育成を目的として、外国人建設技能実習生、建設就労者の受入れを推進するとともに、海外工事において活用できるシステムを研究、構築する事業を手がけている。 当協会では、会員事業所の受入における利便性の向上を図るため、管理団体である「広域関東圏建設関連協同組合」の組合員となり、東京事務所を事務局内に設置し、同協同組合を通じて会員事業所が実習生、就労者の受入れ・実習を実施している。   また、発展途上国等の社会基盤整備のために、会員の優れた機械土工と関連する施工技術・技能をアジア地域などに広く紹介する事業も実施している。


広域関東圏建設関連協同組合ホームページ


 

 

 
Copyright(C)2000,Japan Earth Moving Constructors Association